“点取り屋”レバンドフスキの苦手な4人のDFは? 「CLで言えば、レアルの…」

2019年04月03日(Wed)11時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ロベルト・レバンドフスキ
ロベルト・レバンドフスキ【写真:Getty Images】

 バイエルン・ミュンヘンに所属する30歳のポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが、今まで対戦してきた中で、最も苦手とする4人の選手の名前を挙げた。1日に英メディア『サッカー・ラドゥマ』が報じている。

 レバンドフスキは今季公式戦37試合に出場し31得点12アシストを記録。リーグ戦においては、ブンデスリーガ第27節が終了した時点で19ゴールを決めて得点ランキングトップに立っている。ディフェンス側から見れば、厄介なストライカーと言えるだろう。しかし、レバンドフスキにも苦手とするディフェンダーはいるようだ。

 今まで対戦してきた中で、最も苦手とするディフェンダーについて聞かれると「チャンピオンズリーグで言えば、(レアル・マドリーの)セルヒオ・ラモスだ。彼は素晴らしいセンターバック。守備だけではなく、ボールの扱いも上手いんだ。ブンデスリーガで言えば、ジェローム・ボアテングとマッツ・フンメルス。彼らはいつも積極的だった。対戦するのは簡単ではなかったよ。また、フランクフルト在籍時のカルロス・サンブラーノも。彼は非常に攻撃的なセンターバックだった」と答え、4人の選手の名前を挙げている。今ではボアテングとフンメルスはチームメイトで、非常に心強い仲間となっている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top