PSGオーナー、英2部クラブの買収を検討か?候補は3クラブ

2019年04月12日(Fri)19時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

パリ・サンジェルマン
パリ・サンジェルマン【写真:Getty Images】

 フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマン(PSG)のオーナーを務めるカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)の会長ナーセル・アル=ヘライフィー氏がイングランド・チャンピオンシップ(2部相当)のクラブを買収することを検討しているようだ。英メディア『テレグラフ』などが現地時間の12日に報じた。

 QSIとPSGの会長を務めるアル=ヘライフィー氏は豊富な資金の元、大金をつぎ込み、ブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・エムバペなどを獲得し、PSGをフランスのみならず、世界的なビッグクラブへと押し上げた。

 そんなアル=ヘライフィー氏はイングランドクラブの買収を検討しており、その候補に上がっているのがアストン・ビラ、ノッティンガム・フォレスト、QPRの3クラブである。

 欧州サッカー連盟(UEFA)は同じオーナーによるクラブ同士がチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなどのUEFA主催大会に参加することを禁止している。そのため、もしアル=ヘライフィー氏が上記の3クラブのうち1クラブの買収に成功した場合、レッドブルグループのように、異なった経営母体で運営する必要がある。

 果たして、QSIの買収は成功するのだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top