熱すぎるぞクロップ! リバプールサポーターの心を掴んだ闘将の”暑苦しすぎる”事件5選【編集部フォーカス】

2019年04月18日(Thu)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

思わぬ災難に…

20190416klopp04
退場を命じられ、遠くから戦況を見つめるユルゲン・クロップ【写真:Getty Images】

 2008/09シーズンからボルシア・ドルトムントを率いることになったクロップは、3シーズン目となる10/11シーズンにブンデスリーガ制覇を達成する。

 リーグ連覇の期待がかかるドルトムントは翌11/12シーズン、DFBポカール3回戦(ドイツ杯)でデュッセルドルフと対戦。当時2部のデュッセルドルフに対して、ドルトムントは前半に退場者を出し、苦しい戦いを余儀なくされた。

 試合はスコアレスのまま延長戦を終えたが、PK戦に入る直前、審判への抗議を理由にクロップは退場を命じられてしまった。

 試合はドルトムントがPK戦を制して、無事に4回戦進出を決めたものの、チームはさらなるアクシデントに見舞われた。なんとクロップがPK戦の最中に肉離れを起こしてしまったという。

 選手時代はフィジカルが武器のディフェンダーとしてならしたクロップだったが、思わぬ災難に見舞われることとなった。

 その後、DFBポカールを勝ち進んだドルトムントは、決勝でバイエルン・ミュンヘンと対戦。香川のゴール、ロベルト・レヴァンドフスキのハットトリックなどで5-2と圧勝し、カップ戦を制覇した。

 ドルトムントはリーグ戦でも2位バイエルンに対し勝ち点8差をつけ、連覇を達成。翌12/13シーズンは、リーグ戦ではバイエルンに独走優勝を許したものの、チャンピオンズリーグでは決勝進出を果たすなど、クロップ率いるドルトムントは一時代を築いた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top