熱すぎるぞクロップ! リバプールサポーターの心を掴んだ闘将の”暑苦しすぎる”事件5選【編集部フォーカス】

2019年04月18日(Thu)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

選手を守るクロップの男気

20190416klopp02
ユルゲン・クロップ(左)とロリス・カリウス(右)【写真:Getty Images】

 2017/18シーズン、チャンピオンズリーグに出場したリバプール。セビージャ、スパルタク・モスクワ、マリボルと同組となったグループステージを突破すると、決勝トーナメントでも、ポルト、マンチェスター・シティ、ローマといった難敵を次々と撃破。決勝へと駒を進めた。

 ウクライナ・キエフで行われたファイナルは、レアル・マドリーとリバプールの対戦カードとなった。

 試合は51分、GKロリス・カリウスはスローしたボールをFWカリム・ベンゼマの出した足に当ててしまう。すると、そのボールはそのままゴールへと吸い込まれ、マドリーが先制に成功する。

 1-2とリバプールの1点ビハインドで迎えた84分、ベイルが右サイドからロングシュートを放つと、正面に飛んできたシュートをカリウスは弾くことができず、マドリーに試合を決定づける3点目を許してしまった。

 勝負を分けるマドリーの先制点と3点目を、“ミス”によって許してしまったカリウスには、試合後に批判が殺到。しかし、それを即座にカバーしたのがクロップだった。

「どうかカリウスのことを強く責めないでほしい。確かにとても辛いことだ。しかしこれもまた人生だ」

 その後、主将・ジョーダン・ヘンダーソンや、カリウスとクロップの古巣マインツがエールとなるコメントを発信。クロップが見せた“男気”が、バッシングの嵐になっていたカリウスを守ったと言えるだろう。

【次ページ】喜びの代償

1 2 3 4 5

新着記事

↑top