今日も長谷部誠がいた。「パーフェクト」な勝利、“ドイツ代表”のプライドと深める自信

ヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグ、ホームでベンフィカと対戦したアイントラハト・フランクフルトは2‐0で勝利。2戦合計のスコアを4‐4とし、アウェイゴールの差で準決勝進出を決めた。試合後に「パーフェクトな試合運びだった」と語った長谷部誠の言葉からは、“ドイツ代表”としてのプライドと、チームの戦いへの手応えが垣間見えた。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

2019年04月19日(Fri)12時05分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ベンフィカの「雰囲気」に助けられた

0419hasebe

フランクフルトの長谷部誠【写真:Getty Images】

 ジョアン・フェリックスは何処にいたのだろうか。

 4月11日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグで、史上最年少でハットトリックを達成した新星。だが、翻って18日にアイントラハト・フランクフルトのホームに舞台を移した2ndレグでは消えていた。その才能の片鱗すら見えなかった。

 そしてフェリックスだけではない。ベンフィカというチーム自体が、1stレグで躍動した姿とは裏腹に、まるで借りてきた猫のようにおとなしかった。

 そんなベンフィカについて、試合後、長谷部誠は「ホームとアウェイで全然違う顔を持ったチームになっていました」と語った。

「もちろん良い選手がいるな、というのは感じるんですけど、まあ、これくらいのレベルだったらブンデスリーガでも十分、対戦相手にいますし。うーん…。ベンフィカはどちらかというと、もうとにかくリーグ戦に集中したいというか、そういう感じはあったので、そういう相手の雰囲気も自分たちの助けにはなったかなって思います」

 ELの準決勝進出を懸けた大一番。だが、両チームがそもそも抱いていた“野心”に差があったようだ。長谷部が「本当にアイントラハトの力が集結した気がする」と話したように、スタジアムに詰め掛けたフランクフルトのファンたちは、最高の雰囲気を作り上げた。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top