ポドルスキが語った『脱却すべき状態』。バルサ化の行方、ヴィッセルが強者となるには?

2019年04月23日(Tue)10時47分配信

text by 下河原基弘 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ルーカス・ポドルスキの言葉

190423_kobe_getty
神戸のルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】

 また今回の監督交代で、クラブ内での様々なケアが必要となってくるはず。チームのために主将を返上したと話すルーカス・ポドルスキは、「監督交代というタイミングだけじゃなく、3、4週間前くらいからチームの状態として、ごたごたとした落ち着かない状態だったので。その時から少し(主将辞任を)考えてはいた。監督が代わったタイミングで話をして、その中で自分に対する信頼も含めて、はっきりしたものが見えなかったのでキャプテンマークを返した」と率直に経緯を明かした。

「キャプテンマークは、ただの本当にマークで、それ以上のことはない。自分自身も子供ではないので、キャプテンを代わったからピッチの中で何かするわけではないし、今まで通り、すべてをクラブのために捧げてピッチの中で戦う」と、今後も全力で戦うことを約束したのはポジティブなことだが、次のように少し苦言も呈した。

「今までも自分のスタイルとして、面と向かって、顔を突き合わせてコミュニケーションを取ってきた中で、なかなかチームとして不安定な状態が続いていた。そういうチームが、何かタイトルを取るとか、何か目標に向かって進むというのは難しい状態であり、本当に残念なこと。そういうチームは絶対勝てないし、逆に言うとそういうチームから、まず脱却しないといけない。

 不安定な状態から脱却しないといけないというのは、自分自身にもクラブにとっても、どこかで根回しするとかではなくて、常に前を向いて正直に、1つずつ積み上げていくことが、本当にこれからも大切になっていくのではないかと思っている」

 これで3連敗となり、次の相手は復調してきている王者・川崎フロンターレ。「全然大きな問題ではないので。その程度のけがということです」と指揮官が状態を話したアンドレス・イニエスタの復帰も含め、目が離せない一戦になりそうだ。

(取材・文:下河原基弘)

【了】

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top