リバプール、大逆転劇の裏にボールボーイの存在。チーム全体に浸透した指揮官の”不屈の精神”

2019年05月09日(Thu)17時15分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

リバプール
リバプール【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのリバプールが現地時間の7日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのバルセロナ戦で、4-0で勝利を収めた。2戦合計で4-3とし決勝進出を決めた。

 この大逆転劇の裏にはボールボーイの存在があった。英メディア『エクスプレス』が現地時間の9日に報じた。1stレグで0-3とバルセロナに大敗したリバプールだったが、指揮官ユルゲン・クロップは決勝進出を決して諦めていなかった。1stレグの後に、指揮官は諦めていないというメッセージをスタッフを含めチーム全体に送ったという。

 このメッセージを受け取ったアカデミーのメンタルコーチを務めるカール・ランカスター氏は、この試合でボールボーイを務めるアカデミーの選手たちに、できるだけ素早くリバプールの選手たちにボールを渡すように伝えた。

 そして、2戦合計3-3となった79分、ボールボーイを務めた14歳のオークリーはリバプールがコーナーキックを得た直後、DFトレント・アレクサンダー=アーノルドに素早くボールを渡した。そして、アレクサンダー=アーノルドはバルセロナが陣形を整える前にペナルティーエリアにボールを送り、FWディボック・オリギの決勝ゴールが生まれた。

 まさに指揮官クロップの魂が選手のみならずチーム全体に伝わり、勝利を手繰り寄せた。決して諦めない不屈の精神でリバプールは決勝でトッテナムを迎え撃つ。

【了】

新着記事

↑top