マンCは恐ろしいほど強かった。王者に相応しいその実力、プレミアリーグ連覇はクラブ最高の財産に

プレミアリーグ第38節、ブライトン対マンチェスター・シティの一戦が現地時間12日に行われ、1-4でアウェイチームが勝利している。勝てばリーグ優勝が確定するシティであったが、まさかの先制点を献上するなど立ち上がりは苦しんだ。しかし、その苦境を乗り越えることができるのが王者。その後4得点を奪い、連覇を決めた。(文:小澤祐作)

2019年05月13日(Mon)11時45分配信

text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

勝利が必須も、シティはまさかの先制点献上

ブライトン
ブライトンにまさかの先制ゴールを献上したマンC【写真:Getty Images】

 ブライトン戦に挑むマンチェスター・シティにとって、同時刻に試合を行っていたリバプールの結果などはどうでもよかった。勝ち点3を奪えれば無条件でプレミアリーグ優勝が決まる状況にあったのだから、何も深く考えず、ただいつも通り勝利を狙いに行けばいい。そんな思いが、シティの選手や監督にはあったはずだ。

 快晴に恵まれたアメリカン・エクスプレス・コミュニティ。満員となったスタジアムでは試合開始のホイッスルが鳴り響いた瞬間、大きな歓声が響き渡った。やはり最終節ということもあり、サポーターのボルテージもいつも以上に高かった。

 試合は立ち上がりからシティがボールを持つ展開に。しかしホームで優勝を決めさせたくないブライトンは1トップのグレン・マーレーを含めた10人全員が自陣に戻ってブロックを築くなど、守備をガッチリと固め、シティの選手に隙を与えない。シュートに対しては身体を張って防ぎに行き、シンプルなクロスボールに対してはともに身長190cmを越えるシェイン・ダフィとルイス・ダンクの両CBがことごとくこれらをはじき返した。

 カウンター時にはサイドハーフのアントニー・クノッカールとアリレザ・ジャハンバフシュの2人がとくに脅威となり、シティの最終ラインを深い位置まで下げさせていた。9分には速攻からジャハンバフシュが際どいシュートを放つなど、立ち上がりの勢いはブライトンにあった。

 20分過ぎあたりまでそうした展開は変わらず、シティは苦しめられる。ジョゼップ・グアルディオラ監督の表情もいつもより険しく、チーム全体としてうまくいっていないのは明らかだった。

 そして27分、シティが最も恐れていたことが起きる。ブライトンにコーナーキックのチャンス。ニアサイドに飛んだボールを最後はマーレーが頭で合わせ、なんとホームチームが先制に成功したのだ。

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top