U-20日本代表、U-20W杯メンバー21人はこれだ! GK・DF編、頂点を目指す選手たちを一挙紹介【編集部フォーカス】

2019年05月22日(Wed)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

CB

190521_2_getty
DF三國ケネディエブス【写真:Getty Images】

DF:瀬古歩夢(せこ・あゆむ/セレッソ大阪)
生年月日:2000年6月7日(18歳)
身長/体重:183cm/72kg
背番号:4

 セレッソ大阪一筋の瀬古歩夢は、U-23チームで2016年から経験を積むと、今季はついにJ1のピッチに立った。第10節と第11節にスタメンフル出場し、横浜F・マリノス戦では先制点を“アシスト”。自陣からのクリアボールが味方に渡った形だが、フィードも持ち味の一つ。守備面だけでなく、攻撃の出発点としても期待される。

DF:三國ケネディエブス(アビスパ福岡)
生年月日:2000年6月23日(18歳)
身長/体重:192cm/80kg
背番号:17

 ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ、三國(みくに)ケネディエブス。東京都出身の逸材は中学から青森山田中学でプレー。青森山田高校ではナンバーワンCBとして全国を沸かせた。今季入団したアビスパ福岡では退場も経験したが、主力の座を掴んでいる。恵まれた体格に特大の可能性を秘める男は、世界の舞台でもその力を示すことができるだろうか。

DF:小林友希(こばやし・ゆうき/ヴィッセル神戸)
生年月日:2000年7月18日(18歳)
身長/体重:185cm/76kg
背番号:3

 昨季J1デビューを果たした、ヴィッセル神戸の小林友希。大物を続々と獲得し守備陣にも実力者が加わったこともあり、今季はなかなか出場機会を得られていない。それでも185cmの高さは大きな武器で、左利きという点も魅力だ。U-20ワールドカップで一皮剥け、神戸に還元したいところだ。

【次ページ】SB

1 2 3

新着記事

↑top