山田康太、無心で蹴った同点弾「次は決勝点でたくさん喜びたい」。初戦で貴重な勝ち点1【U-20W杯】

2019年05月24日(Fri)8時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

山田康太
日本に勝ち点1をもたらす殊勲の同点ゴールを決めた山田康太(中央)【写真:Getty Images】

 FIFA U-20ワールドカップ2019が23日にポーランドで開幕を迎え、グループBの初戦で日本とエクアドルが激突。影山雅永監督率いるU-20日本代表は南米王者に苦しめられながら1-1で引き分け、貴重な勝ち点1をもぎ取った。

 前半終了間際にフリーキックの流れからオウンゴールでエクアドルに先制を許した日本だったが、ハーフタイムに指揮官から喝を入れられ目を覚ました。後半、PKのピンチもGK若原智哉のスーパーセーブで乗り越え、徐々に押し返し始めていた時間帯に同点弾が生まれる。

 途中出場の西川潤がヘディングでペナルティエリア内に入れたボールに、田川亨介が食らいつき、こぼれ球は伊藤洋輝のもとへ。だが後ろから相手選手につつかれて再びボールが宙に舞うと、後半開始から投入されていた宮代大聖がGKと交錯。

 エクアドルの守護神のパンチングで掻き出されたかに思われたが、2列目から走りこんでいた山田康太がボレーシュート。ボールはブロックに入った相手DFに当たって大きく跳ね上がり、ゴールネットに吸い込まれていった。

「何であそこにいたかわからないですけど、前に行って、自分のところに(ボールが)転がってきて、かなり集中力高くミートを意識して……本当にあんまり覚えていなくて、気持ちで押し込んで、ゴールに入っていくのだけが覚えているなっていう…」

 前半からエクアドルにボールを持たれる時間が長く、高い位置を取ってくるサイドバックへの対応に追われた。山田は「サイドハーフやサイドバックのケアだったり、中盤へのプレスのところが求められていた」ため、「もうちょっと自分は攻撃にアイディアだったりパワーを使いたかった」という意識もありながら懸命に走った。

 その苦しい流れを断ち切り、ようやく攻撃に出て、それまで入り込めなかったゴール前に勇気を持って侵入していったからこそ生まれた同点ゴールだった。

「なんか自分でもいろいろな景色が見えすぎて、本当にボールだけを見ていて、周りの状況があんまりわからなくて、気付いたらボールが入っていて……という感じで。(シュートは)ミートを意識して、本当に決めないといけない状況だったので、そういう『ゾーン』(に入った)というか、いい集中だったかなと思います」

 試合の2日前にワールドカップ初戦に左サイドMFとしての先発起用を言い渡され、「正直すごい気持ちも高ぶっていて、本当に興奮が抑えられないくらいで迎えた」。だが、前半に不用意なファウルで失点に繋がる危険な位置でのフリーキックを与え、イエローカードをもらうなど反省点もあった。

「本当に勝ちを目指して臨んだ初戦だったので、1点取って大喜びというわけじゃなくて、やっぱり次の1点だったり、次の戦い方というんですかね…そういうところにフォーカスしていたので、すぐ切り替えた。次は決勝点だったり、勝てるゴールでみんなでたくさん喜びたいなと思います」

 世界デビューを果たし、ゴールも決めたが横浜F・マリノス所属の背番号16は満足していない。グループリーグ第2節のメキシコ戦は中2日で厳しい状況での調整になるが、「自信を持って、次もピッチに立ったら勝利に貢献できるように頑張りたい」とさらなる活躍を誓った。

(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

【了】

新着記事

↑top