20190422_guardiola_getty
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】

 ユベントスのファビオ・パラチッチSD(スポーツディレクター)はマンチェスター・シティで指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ氏の招聘を否定した。

 現地時間23日、イタリア通信社『アンサ通信』はユベントスが今季終了後にクラブを退団するマッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任としてグアルディオラ氏と合意に達したと伝えた。

 この報道を受けパラチッチSDは26日に行われたセリエA最終節のサンプドリア戦後にスポーツ・チャンネル『ダゾーン』のインタビューで「サッカー界はとても変わっている。我々は一切彼とのコントタクトを取ったことはないし考えた事もない」と全面否定した。

 さらにシティ幹部のアルベルト・ガラッシ氏は「グアルディオラはマンチェスター・シティを去る意思はない。パベル・ネドベド(ユベントス副会長)とその件について話し、お互いに大笑いをしたよ。これは笑い話、フェイクニュースだ」とシティサイドも否定した。

 なおユベントスの監督候補にはアントニオ・コンテ氏、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督やナポリで指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督などの名前が挙がっている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top