U-20日本代表はなぜ敗れたのか。日韓戦で突き付けられた現実。韓国に上回られたある部分とは【U-20W杯】

FIFA U-20ワールドカップ・ラウンド16、U-20日本代表対U-20韓国代表が現地時間4日に行われ、0-1で韓国が勝利を収めた。相手の固い守備ブロックに手を焼き、なかなかチャンスを決め切れなかった影山ジャパン。試合終盤に先制点を献上し、そのまま敗れる形となった。ここまで順調に歩んでいた日本代表に、何があったのか。そして選手が語る韓国にはあって日本に足りなかった部分とは。(取材・文:本田千尋【ポーランド】)

2019年06月05日(Wed)12時30分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

「なかなか上手くいかなかった」(山田康太)

U-20日本代表
U-20ワールドカップ・ラウンド16でU-20韓国代表と対戦したU-20日本代表は0-1で敗れた【写真:Getty Images】

 順調に進んでいたはずの現実は、いつも唐突に暗転する――。4日に行われたFIFA U-20ワールドカップのラウンド16。U-20日本代表は、美しく小さな街ルブリンでU-20韓国代表と雌雄を決した。

 前半は[5-3-2]の布陣で引いた韓国代表を攻めあぐねた。序盤はシンプルにロングボールを蹴って様子を見た日本代表だったが、次第にボールポゼッションを高めていく。だが、敵のディフェンスの周囲で回すことはできても、中央を崩して打開することはできない。試合後にSB菅原由勢が語るところでは、日本は韓国が5バックで来ることは予想していたという。

「5バックで来るっていう予想はしていて、その通りに練習もしていました。やっぱり最後のところの質というか、ゴール前で決め切るところの質にフォーカスすると、やっぱり僕のプレーもそうですけれど、一つの何気ないクロスだとか、ファーストタッチもポジショニングもそうですし、一つひとつに甘さがあるから崩せなかったと思うし、悔しいなと思います」

 MF山田康太は、思うように行かなかったゲームプランに歯がゆさを覚えた。

「あっち(韓国代表)は中3日だし、前から追うのもキツイだろうと思っていて、ああやってくるのはなんとなくわかっていましたけど、上手くやれなかったなあと思います。ある程度ボールを持てるのは分かっていたし、その中でもっとクロスの本数だったり、90分間嫌なところを突いていったら、相手も1、2回はボロが出るだろうっていうところで、相手の嫌なところをたくさん突いていきたいなって思っていたんですけど、なかなか上手くいかなかったです」

 セカンドトップに入った郷家友太は機能せず、途中から右サイドの西川潤と入れ替わった。FW宮代大聖は、前線から中盤まで広く動いて体を張り、ボールを貰って囲まれながらドリブルで打開しようとした場面もあったが、独りでは限界があった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top