日本代表の“新布陣”にトリニダード・トバゴ指揮官「3バックで来ると予想していた」

2019年06月06日(Thu)8時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

デニス・ローレンス監督【写真:舩木渉】
デニス・ローレンス監督【写真:舩木渉】

【日本 0-0 トリニダード・トバゴ キリンチャレンジカップ2019】

 キリンチャレンジカップ2019、日本代表対トリニダード・トバゴ代表の試合が5日に行われた。試合は0-0の引き分けに終わっている。試合後、トリニダード・トバゴ代表のデニス・ローレンス監督が記者会見に臨んだ。

 試合を振り返り「私は今日戦った選手たちを誇りに思っている。長距離の移動をして日本に来た。今日はテストとしてゴールドカップに向けて準備をするにあたって、しっかり必要なことをしてくれたと思う。誰か1人の名前を挙げることはできないが、全員が持てる力を遺憾なく発揮されたと思う。最後は押されてGKが何度か良いセーブをしてくれたが、全体的に選手たちには満足している」と、満足いく試合内容だったと語っている。

 試合中、何人か足をつる選手もいたが「長距離移動があったということはもちろんあるし、今はトリニダード・トバゴのリーグが行われていなかったので、長期間実戦にでていなかった選手が多かったということもある。長距離移動を経てフルピッチの試合をして、集中力を要する試合をして、あのような形になったと思う」と説明。

 日本は今回の試合で3バックを採用したが「ラインナップを見たときに3バックになりそうだという予感はありました。押し戻すにあたって、攻撃を3人にしてやろうとした。日本もそれに対応して1対1の場面もあったが、最後の方はこちらの攻撃になってもボールをつなげることができず、チャンスをなかなか作り出せなかった。チームシートが来た段階で3バックでくることは予想できました」と話し、予想できていたと明かしている。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top