伊東純也、初のWBでのプレーに手応え。「良くできたと思います」

2019年06月10日(Mon)8時20分配信

photo 田中伸弥
Tags: , , , , , ,

伊東純也
伊東純也【写真:田中伸弥】

 キリンチャレンジカップ2019、日本代表対エルサバルドル代表が9日に行われた。試合はホームの日本代表が2-0で勝利を収めた。

 右ウィングバックで59分間プレーしたMF伊東純也は「初めてウィングバックやりましたけど、初めてにしては良くできたと思います」と自らのプレーを総括した。

 続けて「森保さんにサイドで張ってろと言われて、張ってるからあそこが空いてくると思いますし、(堂安)律のスペースができるし、だからボールが来なくてもサイドにいるように心がけていました」と慣れないポジションながらも忠実に役割をこなしていた。

 攻撃について伊東は「最初のカットしてえぐった場面とかは自分で打ってもよかったかなと自分でも思います。ちょっと焦ってしまったというか、仲間を使うことしか考えてなかったので、シュートの意識があればもっとよかったのかなと思います」と反省を口にするが「最低限はできたかなと思います」という守備に関しては「トミ(冨安健洋)とは声かけながらやってましたし、同数になってもしっかり守れるように話していました」と収穫を語った。

「どこでやっても自分の特徴を出すことは一緒ですし、シャドーでもできる自信はありますし、ウィングバックも1つのオプションとしてできればよかったかなと思います」と複数のポジションをこなせることをアピールできた伊東は「いろんなポジションできるのは強みなると思うので、与えられたポジションで頑張ろうと思います」と代表定着を虎視眈々と狙っている。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top