久保建英、レアルB初の日本人選手に。下部組織には15歳中井卓大も

2019年06月14日(Fri)21時19分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , ,

久保建英【写真:田中伸弥】
日本代表の久保建英【写真:田中伸弥】

 スペイン1部のレアル・マドリーは14日、J1のFC東京に所属する日本代表MF久保建英が来季から同クラブに加入することを発表した。久保はBチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャでプレーをスタートさせることになる。

 かつてはバルセロナの下部組織に所属し、“日本のメッシ”として将来を有望視されていた久保。2015年に帰国した日本でも順調な成長をみせ、スペインへの復帰を果たすことになったが、その移籍先は古巣ではなく宿敵のマドリーだった。

 これまでにマドリーのトップチームやカスティージャでプレーした日本人選手はいない。下部組織には15歳のMF中井卓大が所属しているが、久保がカスティージャ以上のカテゴリでプレーすれば日本人選手としては初となる。

 さらにマドリーのトップチームでもプレーしたとすれば、日本だけでなくアジアの選手でも初。カスティージャでプレーしたアジア人選手としては、U-23中国代表MFのリン・リャンミンがいる。2016/17シーズンにカスティージャでデビューした同選手は、現在はアルメリアBにレンタルされている。

 過去20年あまりで多くの日本人選手たちが欧州へと進出し、これまでにマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンへン、ボルシア・ドルトムント、インテルなどの名門クラブでプレーした選手もいたが、スペイン“2強”のトップチームは日本人選手にとって未体験。久保がその扉を開くことになるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top