冨安健洋、4バックという森保監督の要求に「応えられなかった」【コパ・アメリカ】

2019年06月18日(Tue)16時30分配信


Tags: , , , , , , ,

冨安健洋
冨安健洋【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループステージC組第1節の日本代表対チリ代表戦が現地時間17日に行われ、チリが4-0の勝利を収めた。DF冨安健洋は4バックの2CBの一角で先発フル出場となった。

 試合後、今回採用した4バックについて冨安は「フォーメーションもそうですし、メンバーもちょっと変わってる中で、やっぱり難しい部分っていうのはあったと思いますけど、結果として昨日もどうやって守備をするかだったり、細かい戦術的なところっていうのは選手の中で話をして、準備をして、臨んだつもりではありますけど、結果に結びつかなかったんで、しっかり反省しないといけないと思います」と話し、課題が多かったようだ。

 また、相手の3トップに対しての4バックの守備に関して冨安は「サイドバックが上がってきて、サイドが厚みを持って攻撃してくるっていうのは分かっていたんで、そこに対して僕らが4枚で対応しきれなかったっていう、5枚にしていればもうちょっとまた違った守り方もできたとは思いますけど、フォーメーション云々でなくて、4でどれだけ対応できるかってところを森保さんは求めたと思うし、そこで僕らがそれに応えられなかったっていうのが結果に出たってことですかね」と話した。

 冨安を中心とした守備陣は、次戦までに課題を修正することができるのだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top