柴崎岳、大敗も芽生える主将としての自覚。「若いチームを助けたかった」【コパ・アメリカ】

2019年06月18日(Tue)18時00分配信


Tags: , , , , , , , ,

柴崎岳
柴崎岳【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループステージC組第1節の日本代表対チリ代表戦が現地時間17日に行われ、チリが4-0の勝利を収めた。DF吉田麻也がいない今、MF柴崎岳は主将としてチームを引っ張る。

 4失点大敗となったチリとの初戦について柴崎は「かなりギリギリの戦いになることはわかってましたし、やっぱり個人的には若いチームを助けたかったですし、ギリギリのそういった戦いで勝つことがチームにとっては大事になると思っていたので、もっと個人のところでボールを奪ったりとか、パスで前線につなげていければっていう場面が何回か感じられた部分もあるんですけど、できてたシーンに関して言えば、それが決定機になった前線への二次攻撃に繋がっていた部分はあったと思うので、続けていきたい部分ではあります」と反省も口にしている。

 また、前半からイエローカードをもらっていた日本代表については「個人的にはカードに値するような場面ではなかったと思いますけど、そういう傾向の審判がいるのでしょうがないですし、ただ、そういう審判だと把握しながらアダプトしないといけないと思いますし、そういったのにしっかり慣れていく経験も必要だと思います」とコメントした。

 次戦のウルグアイ戦に向けて柴崎は「しっかりできるようにしないといけないと思いますし、メンタル的に落ちている時間もないですし、まずはしっかり回復して、ウルグアイ戦に勝つための最大限の準備をしていきたい」と意気込みを語った。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top