三好康児、2得点でMOMの大活躍。先制点は「イメージ通り」【コパ・アメリカ】

2019年06月21日(Fri)17時00分配信


Tags: , , , , , , ,

三好康児
三好康児【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループステージC組第2節のウルグアイ代表対日本代表戦が現地時間20日に行われ、2-2のドローに終わった。この日、2得点を奪ったMF三好康児はマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。

 2-2の引き分けとなったウルグアイ戦について三好は「勝ち点1を取れたというのは最低限な部分というか、やっぱりこういう試合展開の中で、勝ち点3を取れる試合だったと思いますし、そこの試合運びはもう一度反省しなきゃいけない部分だと思うので、こういった舞台でもちろん得点を取れて、勝ち点を取れたのは自信になる部分と、もう1つ先を全員で目指していく上で、逆に勝てなかったという部分を反省しないといけないなと思っています」と話した。

 先制点について聞かれた三好は「1本左で最初に、点を取る前に左に切り返して、大きく外れたんですけど、その時に左で打っておいたことによって、少し相手も左を警戒してきたと思いますし、それで相手も来なかったので、そうしたら右でいけるぞというところで、イメージ通りに持っていけました」と思い描いていた通りのゴールだったようだ。

 また、MOMについて三好は「こういう舞台で結果を残せるというのは嬉しいことですし、それだけの準備をしてきたので、まずは報われてよかったですけど、これを先に繋げたいので、これで満足はできないですし、これから次の試合に向けてもう一度整理していければいいのかなと思います」と話した。

 次戦も三好のゴールに期待したい。
 
(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top