植田直通、失点関与を反省。PK献上は「僕の責任」

2019年06月21日(Fri)21時00分配信


Tags: , , , , , , ,

植田直通
植田直通【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループステージC組第2節のウルグアイ代表対日本代表戦が現地時間20日に行われ、2-2のドローに終わった。DF植田直通は1失点目のPKを献上したシーンを反省している。

 ウルグアイ戦を振り返って植田は「ずっとリードしている形を作っていたので、そこで追いつかれてしまったというのは、僕の責任でもあるし、後ろが耐えきれなかったことも含めて、そこはまた次に生かさなければいけないと思います」と1失点目のPK献上を反省している。

 また、植田は失点に関して「前回4失点してしまって、今回は無失点でいこうという話もしていたし、そこは2失点してリードしている形を作ってくれたにもかかわらず、そこで耐えきれなかったという、自分たちの力不足だと思いますし、自分の対応とかもまだまだ反省する点はあるので、そこは次につなげたいです」と話した。

 PK献上のシーンに関して植田は「僕の対応が悪かったと思うし、あそこで僕が足の裏を見せた時点で、そこは結果がそうなることはわかっていたし、VARがあるということをもっと僕が認識していなければいけなかったし、あそこでカバーニ選手が倒れるのは当たり前だし、そこはあの場面になる前に処理したかったというのもあるし、あの場面になってからも僕はもっとシュートコースに入って、違う選択肢を持てればよかったなと思います」と話した。

 今回の試合を糧にして植田は成長につなげたい。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top