エクアドル戦必勝。決勝T進出へ、森保監督「チーム一丸でタフに戦い抜く」【コパ・アメリカ】

2019年06月24日(Mon)10時53分配信


Tags: , , , , , ,

森保一
日本代表の森保一監督【写真:舩木渉】

 ブラジルで開催中のコパ・アメリカ2019(南米選手権)は、グループリーグ最終節を迎えている。現地24日にはグループCの日本代表がエクアドル代表との大一番に臨む。

 グループAとBの結果を受け、すでにブラジル、ベネズエラ、ペルー、アルゼンチン、コロンビアが決勝トーナメント進出を決めた。現在1分1敗の日本は、エクアドルに勝利すれば初のグループリーグ突破に手が届く。

 23日にその重要な一戦に向けた記者会見に出席した日本代表の森保一監督は「戦い方としては変わらない」と、これまで通りの姿勢でエクアドルに挑むことを強調した。ただ、勝利を目指す中でも「そればかりになってプロセスが疎かになると勝つことが難しくなる」とも指揮官は述べる。

 そのうえで「勝つ確率が少しでも高くなるプロセスを求めてやってもらいたいと思います。選手たちには落ち着いて、自分たちのやるべきことに目を向けてやってもらえれば」と、ブレずに戦い抜くことの重要性を説いた。

 エクアドルは2連敗を喫しているものの、日本と同様に勝てばグループリーグ突破の可能性を残している。森保監督は「非常に個の能力が高く、攻撃が速くて、激しく強く戦ってくるチーム」と、失うものなく襲いかかってくる相手への印象を語った。

「相手のどの部分がストロングポイントなのか、ウィークポイントなのか、もちろん今日の練習でも準備しますが、試合の中で選手たちが判断して対応力を持って試合を進めてもらいたいと思います。まずはチーム一丸となってタフに戦い抜くということ。判断を早くして、お互いの連係、連動を高めていくことが必要だと思っています」

 まずは必勝。コパ・アメリカでの初勝利が、決勝トーナメントへの道だ。大会を通して深めてきた組織力を発揮し、ウルグアイ戦で絶賛されたパフォーマンスを継続しながら、若き森保ジャパンはさらなる高みを目指す。

(取材・文:舩木渉【ブラジル】)

【了】

新着記事

↑top