原輝綺、エクアドルのサイド攻撃対応に意欲。「スピードある選手は得意」【コパ・アメリカ】

2019年06月24日(Mon)15時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

原輝綺
日本代表の原輝綺【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)に出場中の日本代表は、現地時間24日に行われるグループリーグC組最終節の試合でエクアドル代表と対戦する。DF原輝綺が試合に向けた見通しを語った。

 ここまで2試合で勝ち点1を獲得している日本代表は、エクアドルに勝てば決勝トーナメントへ進むことができる。大きな意味を持つ一戦となるが、意識しすぎることなく普段通りのプレーをすることが大事だと原は考えているようだ。

「(大事なのは)今まで以上に普通にプレーすることかなとは思います。変に意識せず、良い意味で普通の1試合と捉えて、まずはしっかり相手を倒すってところが一番大事かな」と原は語る。

 エクアドルの武器となるサイド攻撃を抑える上で、自分の持ち味であるスピードを活かして対応することにも意欲をみせた。「やっぱりサイドを見る限りスピードある選手がいる。スピードある選手、自分得意なので。それでも向こうの方が速いと思うので、そこは賢くやりつつ。スプリントのトレーニングはしてきて良かったなと思うことはあります」

 ここまでの戦いぶりについては、「個人で通用するっていうところも多少なりとも見いだせたし、攻守で随所に見れば、そんなに世界と差があるっていうふうには感じませんけど」と原。それでも自身の出場したチリ戦に大敗したことについて、「これからの課題で、個人としても勝ち癖をつけていきたいなと思います」と語った。

 決勝トーナメントへ進むことができればブラジル代表と対戦する可能性が高いが、さほど意識はしていないようだ。「他の選手は知らないですけど、僕のゴールはここじゃないので。出ても出なくてもしっかり自分の目指してるところにちょっとでも近づけるようにしていくだけなので、そんなに気負いとかはないです」と自分のやるべきことに集中する姿勢を示した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top