森保一監督は悔しさ「負けなかったのではなく、勝てなかった」【コパ・アメリカ】

2019年06月25日(Tue)12時17分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , ,

森保一監督【写真:田中伸弥】
森保一監督【写真:田中伸弥】

【日本 1-1 エクアドル コパ・アメリカ2019】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループリーグC組第3節のエクアドル代表対日本代表戦が現地時間24日に行われ、1-1のドローに終わった。この結果、両チームとも決勝トーナメント進出を逃している。

 試合後、日本代表の森保一監督は「選手たちが短期間で成長を見せてくれた。勝ちきれなかったのは力がなかったから。真摯に受け止めて強化にあたりたい。勝てるだけのチャンスを作れたと思うので、決定力を上げていく。今日の戦いにおいて、負けなかったことではなく、勝てなかった。勝ちきれる力をつけられるようにしてほしい」と、勝ち点3を逃したことに悔しさをにじませた。

 前評判が高かったわけではない。FIFAの拘束力のないコパ・アメリカは招集できる選手が限定された。大会中はJリーグも通常通り開催されている。東京五輪世代を中心にメンバー編成して挑んだが、南米メディアからは疑問の声も上がったのは事実。

 それでも、ウルグアイに引き分け、決勝トーナメント進出まであと1点に迫った。しかし、「『惜しい』から『あとちょっと』を変えるのは大きな改善が必要」と差はまだあるという認識だった。

 大きな収穫のある大会だったが、指揮官はまず結果を残せなかったことを悔やんだ。

(取材・文:植田路生【ベロオリゾンテ】)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top