湘南がトンネル脱出の8試合ぶり白星。名古屋は公式戦5連敗に

2019年07月07日(Sun)19時56分配信

photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , ,

湘南ベルマーレ
湘南ベルマーレ【写真:Getty Images for DAZN】

【名古屋グランパス 0-2 湘南ベルマーレ J1第18節】

 明治安田生命J1リーグ第18節の名古屋グランパス対湘南ベルマーレ戦が7日に行われ、アウェイの湘南が2-0で勝利を収めた。

 名古屋はリーグ戦でここ6試合白星がなく、天皇杯でも鹿屋体育大学に“下剋上”を許すなど公式戦4連敗。一方の湘南もリーグ戦5連敗に加えて天皇杯でもJFLのヴィアティン三重に大敗と、ともに不調に陥っている両チームが後半戦初戦で激突した。

 開始からわずか5分、最近4試合の公式戦で無得点だった湘南が久々のゴールを挙げて先制することに成功する。古林将太が右サイドの深い位置から折り返したマイナスのボールを山﨑凌吾がスルーし、最後は齊藤未月が右足で蹴り込んだ。

 その後は1点ビハインドの名古屋が攻勢に立ち、前半のシュート数12本対4本と大幅に上回るも同点ならず。後半に入ってもその流れは続くが、湘南がリードを守り続けた。

 耐えていた湘南は82分、チャンスを逃さず追加点。左サイドで一旦は梅崎司がボールを奪われたが、名古屋の甘いパスをカットした金子大毅がエリア左からそのまま右足で巻いたシュートをゴール右隅に突き刺し、2点リードで勝利を大きく引き寄せた。

 そのままタイムアップを迎えた湘南はリーグ戦6試合ぶり、公式戦8試合ぶりの白星。名古屋は公式戦5連敗、リーグ戦7試合勝ち無しとなった。

【得点者】
5分 0-1 齊藤未月(湘南)
82分 0-2 金子大毅(湘南)

【了】

新着記事

↑top