イングランド主要クラブシーズン査定。国内3冠、CL、EL決勝をプレミア独占も、苦しむマンU…【編集部フォーカス】

2019年07月09日(Tue)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

アーセナル

0709premier_arsenal
UEFAヨーロッパリーグで決勝に進出したアーセナルのウナイ・エメリ監督【写真:Getty Images】

全体評価:C
リーグ戦成績:勝ち点70(21勝10敗7分)
UEFAヨーロッパリーグ成績:準優勝

 アーセン・ベンゲルが退任し、ウナイ・エメリが監督に就任したアーセナル。リーグ戦では4位トッテナムにわずか勝ち点1差で後塵を拝し、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を3季連続で逃した。

 リーグ戦で喫した10敗のうち、6敗がビッグ6以外だったことはもったいない。さらに、ラスト8戦で4敗を喫した終盤戦の失速が、最終的な順位に大きく響いた。22年に及ぶ前政権からの移行年として、成績は致し方ない部分もあるかもしれない。

 新加入のGKベルント・レノ、DFソクラティス・パパスタソプロス、MFルーカス・トレイラは各ポジションで地位を確立。昨冬加入したピエール=エメリク・オーバメヤンも22得点で得点王に輝くなど、新たな主力選手たちが結果を残している点は数少ない評価点になるだろう。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top