バイエルン、1つの時代の終わり。まだ若いリベリーと、頭髪が残るロッベンに想いを馳せて【18/19シーズン総括(11)】

2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はバイエルン・ミュンヘンを振り返る。(文:本田千尋)

2019年07月23日(Tue)10時10分配信

シリーズ:18/19シーズン総括
text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

“ロベリー”の勇姿に熱狂する最後のシーズンに

0723bayern
リーグ戦最終節では、ロッベンとリベリーのコレオが掲げられた【写真:Getty Images】

 1つの時代が終わった。18/19シーズンのバイエルン・ミュンヘン。人々が“ロベリー”の勇姿に熱狂するのは、5月18日にアリアンツ・アレナで行われた最終節、対アイントラハト・フランクフルト戦が最後となった。

 2009年8月29日に行われた対VfLヴォルフスブルク戦で、“ロベリー”はデビューした。当時の監督はルイ・ファン・ハール。鬼才のオランダ人指揮官は、後半開始からアリエン・ロッベンを、続いて63分にフランク・リベリーをピッチに送り出す。

 すると68分、左サイドでリベリーからパスを受けたロッベンが、小刻みなドリブルから左足を振り抜いてゴールを奪う。ベンチの前でファン・ハールはガッツポーズを見せ、アリアンツ・アレナは熱狂の渦に包み込まれた。

 さらに80分、カウンターの場面。ロッベンが前方のリベリーにパスを出す。スピードに乗って突き進むフランス代表ウインガー。そしてリベリーから再びパスを受け取るロッベン。オランダ代表ウインガーは、切り返して敵のDFとGKに尻餅をつかせると、今度は右足でフィニッシュした。それから2人はハイタッチを交わし、肩を組み、喜びを噛み締めながら、右のコーナーフラッグに向かって駆けて行った——。

 この瞬間の“ロベリー”を形にしたコレオが、フランクフルト戦の試合前、ゴール裏に現れたのである。肩を組んで喜び合う2人。まだ若いリベリーと、まだ頭髪が残るロッベン。デビュー戦で息の合ったコンビネーションで2点を奪ってから、およそ10年後——。白い襟元が特徴の当時のユニフォームに身を包んだロッベンとリベリーが、“最終戦”に現れたのだ。バイエルンを愛する者たちによる粋な演出だった。

 “ロベリー”がバイエルンを去ることは周知の事実だった。18年の12月にロッベンは18/19シーズン限りでの退団を公表している。5月5日にはバイエルンが公式HPで同じくリベリーの退団を発表していた。

1 2 3 4

新着記事

↑top