バイエルン、1つの時代の終わり。まだ若いリベリーと、頭髪が残るロッベンに想いを馳せて【18/19シーズン総括(11)】

2019年07月23日(Tue)10時10分配信

シリーズ:18/19シーズン総括
text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

来たる新シーズンへ、ウイング補強なるか

 そういった意味では、後に欧州王者となるリバプールと戦ったCLの決勝トーナメント1回戦で、往年の“ロベリー”がいたら、結果は違ったかもしれない。ホームで行われたセカンドレグでリベリーは先発した。だが、61分にコマンと交代となった。バイエルンは2戦合計1-3で敗れ、18/19シーズンのCLはラウンド16で早々に姿を消すことになった。

 このように18/19シーズンのバイエルンでは、“ロベリー”不在による影響が浮き彫りになったと言えるだろう。バイエルンを離れることになる最後のシーズンで、オランダ人とフランス人の両ウインガーの偉大さが、改めて確認されたのだ。

 マンチェスター・シティ所属のレロイ・ザネの獲得が噂になり、チェルシー所属のカラム・ハドソン=オドイの獲得を狙ったように、“ロベリー”を失ったバイエルンは、19/20シーズンを前にウインガーの補強を模索している。

 フランクフルトとの最終戦で2人のコレオを掲げたバイエルンのファンたちは、“ロベリー”のデビュー戦を思い起こした違いない。

 09年8月に行われたヴォルフスブルク戦の当時と順番は違ったが、リベリーは61分から、ロッベンは67分から、それぞれ途中出場した。

 そして72分にリベリーが左サイドをドリブルで突破して4点目を決めると、ロッベンも負けじと78分にアラバからの折り返しを左足で押し込んで5点目を決める。まるであらかじめシナリオが用意されていたかのように、“最終戦”で“ロベリー”が揃ってゴールを決め、5-1でフランクフルトを下すと、バイエルンはブンデスリーガ7連覇を達成。

 決勝でRBライプツィヒを退けて優勝したDFBポカールと合わせて、2冠で18/19シーズンを終えた。

(文:本田千尋)

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top