岡崎慎司、スペイン移籍が正式決定。2部マラガがようやく契約を発表

2019年07月30日(Tue)22時19分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

岡崎慎司
日本代表の岡崎慎司【写真:Getty Images】

 スペイン2部のマラガは30日、日本代表FW岡崎慎司の加入が決定したことをクラブ公式サイトで発表した。クラブ史上初のアジア人選手となる。

 昨季終了後にレスター・シティを退団していた岡崎は、フリートランスファーの形でマラガに加入する。契約期間は2019/20シーズンの1年間。31日の現地時間12時30分より入団会見を開くとのことだ。

 マラガは「プレミアリーグチャンピオンが攻撃陣に加入」と岡崎の加入を歓迎。歴史的偉業となったレスターのプレミアリーグ初優勝に貢献したことや、日本代表で通算50ゴールを挙げていること、2009年に国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)による“世界得点王”に輝いたことなど同選手の経歴を紹介している。

 岡崎は現地時間24日にマラガに到着してメディカルチェックを完了させ、チームの練習場にも合流。だがその後数日が経過しても正式な加入が発表されず、地元メディアでは破談の懸念も伝えられていたが、無事に加入が決定した。

 マラガは過去20年間のほとんどの期間リーガ1部に在籍していたトップリーグの常連クラブだったが、2017/18シーズンに最下位となって2部降格。昨季は2部で3位となったがプレーオフで惜しくも昇格を逃した。プレーオフで敗れた相手は今季からMF柴崎岳が加入したデポルティボであり、再び昇格を争うライバルになるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top