タイ代表・西野朗監督、初陣飾れず。チャナティップ躍動もベトナムと引き分け

2019年09月05日(Thu)22時58分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

西野朗
タイ代表の西野朗監督【写真:Getty Images】

【タイ 0-0 ベトナム 2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選】

 2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選のタイ代表対ベトナム代表の一戦が現地時間5日、タイ・タンマサート大学スタジアムで行われ、0-0で引き分けに終わった。

 7月に前日本代表監督の西野朗氏を新監督として招聘したタイ。準備期間が少なくぶっつけ本番に近い形で迎えたベトナム戦で、西野監督はJリーグ所属のチャナティップ、ティーラトン、ティティパンの3人を先発出場させた。

 前日会見で「ストライカーを探すのが大変」と嘆いていた西野監督。この試合では本来はMFのティティパンをトップで起用する奇策に出る。だが、前半はそれほど攻撃は機能せず、ボールは保持するもアタッキングサードを崩せなかった。決定機はほとんどなく0-0で折り返す。

 後半、ホームの大声援を受けたタイが攻勢に出る。チャナティップを起点に次々とチャンスをつくる。しかし、ゴールに迫る場面も多くあったが、結局ネットは揺れず。スコアレスドローで試合は終了した。

 最終予選進出を目指すタイにとって、東南アジアのライバル・ベトナムとの試合は負けられない戦いだった。ホームでの引き分けは手痛い。チャナティップはトップ下で躍動し、終了間際にはあわやという場面もあったが、ゴールをこじ開けるまでには至らなかった。

「得点力不足を感じる」と試合前に弱点を語っていた西野監督。その発言通りの試合となってしまった。

【得点者】
なし

(取材・文:植田路生【タイ】)

【了】

新着記事

↑top