U-17日本代表、優勝候補オランダを見事撃破。FIFAや現地メディアも称賛

2019年10月28日(Mon)16時00分配信


Tags: , , , , , , , , , , , , ,

U-17日本代表
U-17日本代表が白星発進【写真:Getty Images】

 ブラジルで開催されているFIFA U-17ワールドカップ・グループリーグD組第1節の日本対オランダ戦が現地時間27日に行われた。U-17日本代表は欧州王者であるオランダに対して3-0の快勝で最高のスタートを切ることに成功している。

 日本は前半34分、FW西川潤からのスルーパスを受けたFW若月大和のゴールで先制。69分にも再び西川のパスから若月が決めてリードを広げ、77分にはオランダのハンドで獲得したPKを西川が成功させた。

 国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトは、アジア王者である日本が「チャンピオン同士の戦いに快勝」と試合について伝えた。「相手より多くのゴールチャンスを生み出し、勝利にふさわしかった」「納得の勝利で資質を示した」と日本の戦いぶりを称えている。

 開催国ブラジルの『グローボエスポルチ』は「日本がオランダにサプライズ勝利」と報道。「試合前には欧州王者に期待が集まっていたが、ピッチ上でのストーリーは違った。スピードのあるサッカーでアジアのチームが優勝候補を粉砕した」と述べている。

 一方、対戦相手のオランダメディアは予想外の敗戦に落胆を示している。「日本は欧州王者に対して終始試合を支配していた。若月大和が大きな存在だった」と『NU』は記述。『NOS』は「パスミスが多すぎて動きが少なかった。不安な戦いぶりだ」とペーター・ファン・デル・フェーン監督の試合後のコメントを伝えた。

【了】

新着記事

↑top