レアル、ガラタサライに6発快勝。長友佑都は痛恨のパスミスで失点に絡む

2019年11月07日(Thu)6時57分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

長友佑都
ガラタサライの長友佑都【写真:Getty Images】

【レアル・マドリー 6-0 ガラタサライ チャンピオンズリーグ・グループステージA組第4節】

 チャンピオンズリーグ・グループステージA組第4節のレアル・マドリー対ガラタサライが現地時間6日に行われた。試合はホームのマドリーが6-0で勝利した。ガラタサライ所属の長友佑都は88分までプレーした。

 マドリーがゴールラッシュでガラタサライに圧勝した。まずは開始4分、マルセロのセンタリングをファーサイでフリーのロドリゴが相手DFを交わしシュート、ゴール左下に決まる。さらに3分後には再びマルセロのクロスにロドリゴが今度は頭で合わせゴール、7分間で2得点を挙げる。

 勢いに乗るマドリーはクロースがペナルティーボックスで倒されたとVARの検証結果の末に判定されPKを得ると、セルヒオ・ラモスが落ち着いて決めリードをさらに広げる。45分には左サイドでボールを受けた長友のバックパスをカットしたロドリゴがペナルティーエリアでフリーのベンゼマにパス、これが落ち着いて決めマドリーが4点リードで折り返す。

 大量リードを奪ったこともあり後半は引いたマドリーに対しガラタサライがボールをキープする時間が増えるもマドリー守備陣を崩しきれない。逆に81分右サイドを崩しカルバハルの折り返しをベンゼマがダイレクトで押し込み勝負あり。

 結局アディショナルタイムにもロドリゴがハットトリックとなるゴールを決めたマドリーは攻守にガラタサライを圧倒しベスト16進出に大きく前進した。

【得点者】
4分 1-0 ロドリゴ(マドリー)
7分 2-0 ロドリゴ(マドリー)
14分 3-0 セルヒオ・ラモス(マドリー)
45分 4-0 ベンゼマ(マドリー)
81分 5-0 ベンゼマ(マドリー)
90+2分 6-0 ロドリゴ(マドリー)

【了】

新着記事

↑top