トリニータが岩田智輝の1G1Aなどで逆転勝利。ガンバはまだ残留決められず

2019年11月10日(Sun)15時54分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

大分トリニータ
大分トリニータが勝利【写真:Getty Images】

【大分トリニータ 2-1 ガンバ大阪 J1第31節】

 明治安田生命J1リーグ第31節の大分トリニータ対ガンバ大阪戦が10日に行われ、ホームの大分が2-1で勝利を収めた。

 ここ3試合で2勝1分けと順調に勝ち点を加え、J1残留に近づきつつあったG大阪。前節で残留を決めた大分から勝ち点3を奪えば今節で残留を確定できる可能性もあった。

 前半11分にはそのG大阪が先制。アデミウソンの縦パスを受けてゴール前に抜け出した宇佐美貴史が左足でGKのニアに突き刺した。宇佐美は前節の2得点に続いての連続ゴール。

 だが大分も前半のうちに同点とする。39分、敵陣内での素早いリスタートからオナイウ阿道、岩田智輝と繋ぎ、岩田が右サイドから上げたクロスに三平和司がニアポストで合わせた。

 前半を1-1で折り返し、後半にチャンスを物にしたのは再び大分。右CKからのクロスをオナイウが頭で落とし、ファーポストで受けた岩田がワントラップから落ち着いて蹴り込んだ。

 岩田が1G1Aの活躍をみせ、日本代表初招集を受けたオナイウも2点に絡む貢献。大分は逆転勝利で7位に順位を上げた。G大阪はJ1残留をまだ確定させることができていない。

【得点者】
11分 0-1 宇佐美貴史(G大阪)
39分 1-1 三平和司(大分)
64分 2-1 岩田智輝(大分)

【了】

新着記事

↑top