世界のトッププレイヤー能力値ランキング。名前に宿敵チーム名が入っている男が登場!Fチャン編集部が選定(86位〜90位)

2019年11月11日(Mon)7時00分配信

シリーズ:19/20能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

87位:チェルシーのいぶし銀

マルコス・アロンソ

マルコス・アロンソの能力値や昨季リーグ戦結果、市場価値など【写真:Getty Images】

DF:マルコス・アロンソ(スペイン代表/チェルシー)
生年月日:1990年12月28日(30歳)
昨季リーグ戦成績:31試合2得点6アシスト
市場価格:3200万ユーロ(約38.4億円)

 昨季リーグ戦は開幕4試合連続でアシストを記録するなど前半戦は素晴らしい活躍を見せたが、後半戦は疲労からかパフォーマンスが下がり出場機会が減少したスペイン代表DFマルコス・アロンソ。今季も新体制となったチェルシーでベンチを温めることが多くなっている。

 アロンソの能力を見ると、ずば抜けている項目はなくバランスが取れている。身長も188cmと高く、空中戦でも強さを発揮できるためCBとしてプレーすることも出来る。また左足からのパスの質は高く、積極的に縦パスを供給してチャンスを演出する。その左足はパス精度だけでなくフリーキック精度もワールドクラスで、直接ゴールネットを揺らすことも。プレー全体に派手さは無いが、いぶし銀の活躍を見せてくれる。

 新体制になったことでアロンソの序列は低くなっているが、それでもこの男の実力は本物。30歳になったことで、ベテランとしてチームを支える側に立つアロンソが新生チェルシーをどう引っ張ってくれるか。注目だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top