フランス人が見たU-22日本代表。「久保建英らは絶対にチェックに行く」「ヴェンゲルも言っていた」

U-22日本代表は17日、キリンチャレンジカップ2019でU-22コロンビア代表と対戦し、0-2で敗れた。この試合中、日本サッカーに精通するフランス人ジャーナリストのフローラン・ダバディ氏に随時話を聞いた。(語り手:フローラン・ダバディ)

2019年11月17日(Sun)17時00分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

久保と堂安は「リーダーシップの見せどころ」

U22日本代表
U-22コロンビア代表戦に臨むU-22日本代表【写真:田中伸弥】

――本日はU-22日本代表対U-22コロンビア代表の試合を見ながら、お話を伺いたいと思います。よろしくお願いします!

フローラン・ダバディ(以下、ダバディ)「よろしくお願いします!」

――久保建英、堂安律、板倉滉といったA代表の選手もスターティングメンバーに並びました。

「右サイドには橋岡(大樹)ではなく、菅原(由勢)が起用されました。スタメンの海外組は日本が5人。久保と堂安のダブルシャドーは楽しみです。」

――試合が始まりました。システムはこの年代でメインとして用いられる3-4-2-1で始まりました。久保と堂安はファールをもらって、自らFKを蹴る、という場面がありました。

「責任感とリーダーシップの見せどころですね。ただ、久保との連係はイマイチうまくいっていません。立ち上がりの課題ですね。一方で、久保は森保(一)監督の求める守備ブロックの役割を果たしています」

――個人での打開から攻め込むシーンはありましたが、効果的な崩しはここまで1回ほどでしょうか。1トップの上田(綺世)もあまり絡めていない印象です。

「たしかに、菅(大輝)と菅原(由勢)の駆け上がりやサポートが物足りない。杉岡(大暉)の方が積極的に飛び出しますね」

1 2 3 4

新着記事

↑top