フランス人が見たU-22日本代表。「久保建英らは絶対にチェックに行く」「ヴェンゲルも言っていた」

2019年11月17日(Sun)17時00分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

「日本の選手が苦戦するのは…」

「少し話が変りますが、Jリーグの審判の笛は世界基準になっているように見えますか?」

――岩田智輝が相手とのボディコンタクトで飛ばされるシーンがありましたね。

「ぶつけられたときの対応もそうですが、マリーシア(ずる賢さ)も必要です。2回目はFWの前に身体を入れていたので、競り合うよりは倒れるだけでいいと思います」

――なるほど。前半はスコアレスで折り返しました。

「森保監督の『初めてのベストメンバー』という言葉を受けて、選ばれた選手たちが過剰に責任を感じて、戦術のプランAから抜け出せない印象です。後半の選手交代を含めて、森保監督の修正を見たいです」

――まずは後半、どのような修正を見せるか、ですね。

「リスクをとってブロックを高くするのか、サイドの選手を高い位置に押し上げるのか。相手は予想通りデュエルに強いので、組織で攻めてトライアングルを作らないと、個人技だけで打開するのは無謀です」

――日本代表は後半開始早々に失点を喫しました。

「いい目覚ましになるかもしれません。ブロックで一斉に上がって攻めるコロンビアはいいお手本ですね! 日本のサイドの選手も高く張っているけど、田中(駿汰)と3バックももう少し上がらないと」

――日本代表は59分にも失点を許してしまいました。

「いまの2点目は、前半に中山(雄太)ができなかったことです。(中山は)堂安がフリーだったのにシュートを打ってしまった。コロンビアの選手はちゃんとタイミングを計って横に流しました。エリク・モンバエルツ(横浜F・マリノス元監督)も指摘していましたが、日本の選手が苦戦するのはそういった局面での選択です。これは若い時(10歳から13歳)に戦術の反復練習が足りない証です」

1 2 3 4

新着記事

↑top