板倉滉、ホームでの敗戦に後悔。東京五輪本番は「今日以上の緊張感が100%ある」

2019年11月17日(Sun)22時39分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

板倉滉
U-22日本代表のDF板倉滉【写真:Getty Images】

 U-22日本代表は17日、同じ東京五輪世代のU-22コロンビア代表と国際親善試合を行い0-2で敗れた。

 前半はお互いにゴールなく推移したものの、後半開始早々の47分にコロンビアに先制点を許すと、59分にも追加点を奪われてしまう。日本は3-4-2-1から4-4-2へのシステム変更なども試みたが、反撃は決め手を欠き2点差を覆すことはできなかった。

 試合開始時は3バックの左ストッパーで、後半途中からは4バックの左センターバックでプレーしたDF板倉滉は「絶対に勝たないといけない試合だった」と完敗を悔やんだ。

「もちろん初めての日本での(試合を)これだけのサポーターが入った中でできたという緊張感もあったと思うし、絶対に勝たないといけない試合だったと思う。そういうところから何となく、特にスタートのところで勢いを持って入れていなかったし、あれだけ相手が前から来ている中で、ちょっと受け身になっていたな印象はあります」

 東京五輪世代の代表はこれまで海外遠征がメインで、国際大会なども日本国外ばかりだった。本大会まで1年を切ったこのタイミングで、勝利が義務づけられるホームの重圧の大きさをひしひしと感じていたようだ。

「東京五輪になった時の初戦、日本で試合すると考えたらプレッシャーはこんなものではないと思うし、絶対に負けではダメだし、緊張感も今日以上のものが100%あると思う。そこでまた受け身になるのか……それでは絶対ダメだと思う」

 板倉は自らに言い聞かせるように「勢いを持って強気でいけるところもこのチームの良さだと思っていたので、反省しないといけない。もっと入りから思い切って、勢いを持ってやらないといけなかった」と試合への入りのマズさを悔いた。

 コロンビア戦の過ちを繰り返すわけにはいかない。幸い来月28日にも日本国内で試合をするチャンスがある。長崎で開催されるU-22ジャマイカ代表との国際親善試合で、今回得た学びや反省点を改善しなければならない。

「1対1の場面での戦いはもっと見せないといけなかったと思うし、日本でやっていてサポーターもこれだけ入っている中で、もっと90分間通して、スタートから『俺たちはやれるぞ』というのを見せないといけなかった」

 こうやって試合後に自分たちの戦いを悔やまなくて済むように、まずは次の試合までの1ヶ月、それぞれが所属クラブに戻って少しでも成長することを期待したい。

(取材:元川悦子【広島】、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top