FC今治、来季J3昇格が正式決定! 理事会で承認、四国4つめのJクラブに

2019年11月18日(Mon)16時38分配信

photo Katsuya Uwagawa
Tags: , , , ,

FC今治のオーナーを務める岡田武史氏【写真:宇和川勝也】
FC今治のオーナーを務める岡田武史氏【写真:宇和川勝也】

 JFL(日本フットボールリーグ)のFC今治が、2020シーズンよりJリーグに入会し、J3リーグで戦うことが正式に承認された。クラブが公式ツイッターで明らかにしている。

 元日本代表監督の岡田武史氏が代表者を務める今治は今季のJFLで4位以内を確定させ、ホームゲームの平均観客数2千人以上という条件もクリア。J3参入条件を満たした上で、18日に開かれたJリーグ理事会において参入の承認を受けた。

 今治はJFL昇格1年目の2017年からJ3ライセンスを交付されていたが、その2017年はJFLで6位、翌2018年は5位に終わり、J3昇格に必要な順位条件を満たすことができなかった。今季は“3度目の正直”でついに悲願を成就させた。

 愛媛県今治市をホームタウンとする今治は、愛媛FC(J2)に続いて同県2つ目のJリーグクラブ。四国では徳島ヴォルティス(J2)、カマタマーレ讃岐(J3)を含めて4クラブ目となる。

 Jリーグ全体のクラブ数は今治を加えて56クラブとなる(J3で戦うU-23チームは含まず)。全国47都道府県中、39都道府県にクラブが存在している。

【了】

新着記事

↑top