ベイルの代理人が”レアル揶揄フラッグ”の真意を明かす。「メディアに向けてだった」

2019年11月22日(Fri)20時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ウェールズ
ウェールズ代表【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルの代理人が、EURO本大会出場決定後にウェールズの選手たちが掲げたフラッグの真意について明かした。スペイン『アス』などが現地時間の21日に報じた。

 ウェールズ代表は現地時間の19日にハンガリー代表と対戦。2-0の勝利を収め、2大会連続のEURO本大会出場を決めた。だが、試合後に予選突破を祝う中でベイルの取った行動が問題視されている。選手たちはファンから渡されたウェールズ国旗を掲げて予選突破を祝ったが、その国旗には「ウェールズ、ゴルフ、マドリー。この順番」との言葉が入れられていた。ベイルがマドリーを揶揄するフラッグであると報じられている。

 ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏が米メディア『ESPN』に対して「彼が土曜日にサンティアゴ・ベルナベウに現れた時にレアルが受ける歓迎に関しては問題ない。そして、あのフラッグでの祝福とフラッグに入れられたコメントについては、全てメディアに向けてだった」と明らかにした。

 レアルではコンディションの問題もあり先月5日以来試合に出場していないベイル。この件でレアルでの出場機会に影響するだろうか。

【了】

新着記事

↑top