世界最高の左ウインガーは誰だ!LWG能力値ランキング16位〜20位、期待の新鋭から期待外れのマンU勢がランクイン! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン)

2019年12月02日(月)7時00分配信

シリーズ:19/20能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

19位:オランダの新鋭

ステフェン・ベルフハイン

ステフェン・ベルフハインの能力値や昨季リーグ戦成績、市場価格など【写真:Getty Images】

FW:ステフェン・ベルフハイン (オランダ代表/PSV)
生年月日:1997年10月8日(22歳)
昨季リーグ戦成績:33試合14得点12アシスト
市場価格:3500万ユーロ(約42億円)

 日本代表の堂安律も所属するPSVで今、最も注目を集めている選手がFWステン・ベルバインだ。まだ22歳の新鋭は昨季、33試合14得点12アシストの素晴らしい活躍を見せた。

 ベルフハインはスピードを生かしたドリブルを得意としている。前にスペースがあるとそこを突くドリブルを見せる。決定力も高くボックスの外からでもコースを狙ったシュートを打つことが出来る。さらにパスセンスも良く昨シーズンは12アシストを記録した。ドリブルからラストパスに繋げることが出来るのは、単にパスセンスがあるからというだけでなく、視野の広さも関係している。22歳という若さで三拍子揃った攻撃の中心選手なのだ。

 まだこれからに期待がかかる選手だが、既に多くのビッグクラブが関心を示していると言われている。この男のこれからに注目だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top