中国代表の殺人カンフータックルさく裂! 退場免れた判定への疑問…橋岡大樹は無事?【E-1サッカー選手権】

2019年12月10日(Tue)20時43分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

ジャン・ジーポン
橋岡大樹に殺人カンフータックルを見舞った中国代表DFジャン・ジーポン【写真:田中伸弥】

【中国戦のスタメンはこちら】

 日本代表は10日、EAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会の初戦で中国代表と対戦している。

 FW鈴木武蔵のゴールで日本代表が先制した直後の31分、目を疑うプレーが飛び出した。サイドでの空中戦の場面、競り合いにいったMF橋岡大樹の頭に、なんと中国代表のDFジャン・ジーポンの左足が入った。

 足を振り上げてスパイクで首元を削るような“殺人カンフータックル”に誰もがレッドカードを確信したが、イルギス・タンタシェフ主審が提示したのはイエローカード。ジャン・ジーボンも悪びれることなく、「なぜファウルなのか?」といったジェスチャーもまじえて無実をアピール。そのうえでの命にかかわりかねない危険なプレーに対し疑問の残る判定となった。

 なお、橋岡は大きな怪我もなく無事にプレーを続行している。前半は鈴木にゴールが生まれ、日本代表が1-0でリードして終えた。

【了】

新着記事

↑top