鈴木武蔵、日本代表初ゴールも満足なし「チームが苦しい時に点を取れるFWに」【E-1サッカー選手権】

2019年12月11日(Wed)2時02分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

鈴木武蔵
中国戦で先制ゴールを挙げた日本代表のFW鈴木武蔵【写真:田中伸弥】

【E-1選手権テレビ放送予定はこちら】

【日本 2-1 中国 E-1サッカー選手権第1節】

 日本代表は10日、EAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会の初戦で中国代表に2-1の勝利を収めた。

 先発出場したFW鈴木武蔵は29分、MF森島司のアシストから日本代表初ゴールとなる先制点を挙げた。出場6試合目で生まれた待望の一発だった。

 しかし、満足することはない。「個人のレベルはまだまだ足りないので、もっともっとそこを上げて、チームが苦しい時でも点が取れるFWになっていかないといけない」と鈴木は気を引き締める。

 中国戦のゴールはまさに「苦しい時」に生まれた。ほとんど準備期間なく臨んだこともあり、3-4-2-1の布陣がなかなか噛み合わず、中国の積極的なプレッシングにも苦しんだ。鈴木はチームを引っ張るリーダーとしての自覚にも後押しされ、結果を残すという強い気持ちが先制ゴールをもたらした。

「合宿初日でも森保さんに『プレーでも引っ張っていってほしい』と言われたので、そこはやっぱり自覚もありますし、もう若くはないので、自分が、1人ひとりがチームの中心という気持ちでやっていかないといけない」

 ピッチ内外で積極的に周りの選手とコミュニケーションを取り、ゴールを奪って勝つために、自分が持っている経験や知識もチームに共有した。「相手に走り勝つことだけを考えて」ニアサイドに飛び込んだことで、ゴールも決めることができた。

「今日、結果を出せて本当によかったですけど、1点ではまだまだ足りないし、残り2試合で本当に取れるだけ点を取って、さらにアピールできるようにしていきたい」

 今回は国内組のみで構成されている日本代表だが、本来の中心メンバーは海外組だ。その激しい競争に生き残っていくために、結果を出し続けなければならない。特にE-1サッカー選手権では他を圧倒するような活躍を見せる必要があるだろう。25歳になった鈴木は危機感や決意を胸に突き進む。

(取材:元川悦子【釜山】、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top