田中碧の脳内に膨らむ活躍のイメージ「相手をどう動かすか、自分ならこうしようと見えた」【E-1サッカー選手権】

2019年12月12日(Thu)6時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

田中碧
日本代表初招集のMF田中碧【写真:Getty Images】

【E-1選手権テレビ放送予定はこちら】

 日本代表は11日、韓国・釜山で14日に予定されているEAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会の香港代表戦に向けて練習を行った。

 前日の中国代表戦で出番のなかった選手たちは、2-1の勝利をベンチから見つめて何を思うのか。MF田中碧は「試合を見ながら自分だったらこうしようと、いろいろ考えながら見られたし、(一緒に9やったことのない選手もいたので、選手たちの特徴も試合を見ながらつかめた。それは自分としてはよかったかなと思います」と振り返った。

 川崎フロンターレで台頭した若きコンダクターは、頭の中で自分がピッチに立った時のイメージを大きく膨らませている。14日の香港代表戦、18日の韓国代表戦を控える中で、「自分のことを分かってくれている選手」というクラブでチームメイトのMF大島僚太と中盤でコンビを組む可能性もある。そうなればイメージをピッチ上でより具体的に表現でいるだろう。

「ボールの動かし方だったり、相手をどうやって動かすか、自分たちがどうやってボールを握るか、進めるかというところで、自分ならこうしようとか、守備においても前からどうやって(プレッシングに)行かせるか、相手のフォーメーションと照らし合わせながら見れました。そこで自分が入った時にどうやればいいかなというのをある程度考えられたので、自分が出たらそれをピッチで表現できればいいかなと思います」

 田中にとっては初のA代表。海外組の主力選手が不在とはいえ、貴重な機会を生かさないわけにはいかない。フロンターレで見せた活躍によって東京五輪世代での存在感を高めてきたからこそ掴めた大きく成長できるチャンスだ。

「個人としてここでアピールして(A代表に)残るつもりではあんまりなくて、この大会を通して自分の将来的に何かきっかけを掴んで、これから今以上に成長できるものを見つけたいと思っています。もちろんアピールすることも大事ですけど、自分の力がどれだけ通用して、何ができないのかを掴みながら、これからどうしていかないといけないのかを掴んで帰ることができればいいのかなと思います」

(取材:元川悦子【釜山】、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top