バルセロナと引き分けたソシエダ、得点喜ぶあまり流血…。味方同士でまさかの“衝突”

2019年12月15日(Sun)13時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

ミケル・オヤルサバル
ミケル・オヤルサバル【写真:Getty Images】

 現地時間14日に行われたリーガエスパニョーラ第17節でバルセロナと2-2で引き分けたレアル・ソシエダは、試合中に珍事に見舞われた。スペイン『マルカ』などが取り上げている。

 1-2で迎えた66分、ソシエダはアレクサンデル・イサクの得点で追いつき、バルセロナから勝ち点1をもぎ取った。

 しかし、この同点弾のシーンで問題が発生。ミケル・オヤルサバルとナチョ・モンレアルが倒れ込む事態となっている。

 左サイドでゴールの起点となったこの2人は、得点が決まったあと、お互いのもとへ向かい、ジャンプして胸をぶつけ合った。その際に顔同士も激突してしまい流血した。

 得点を喜ぶほかの仲間とは別の場所で2人が負傷していたことにスタジアムは驚いたが、大きなトラブルとはならず、そのままプレーを続けている。

【了】

新着記事

↑top