安部裕葵
U-22日本代表の10番を背負ったバルセロナ所属のMF安部裕葵【写真:Getty Images】

【日本 9-0 ジャマイカ キリンチャレンジカップ2019】

 来年の東京五輪出場に向けて強化を進めるU-22日本代表は28日、キリンチャレンジカップ2019でU-22ジャマイカ代表に9-0の大勝を収めた。

 PKで1ゴールを挙げたバルセロナ所属のMF安部裕葵は、それ以外の局面でも大きな存在感を発揮した。試合前から強調していた攻撃から守備の切り替えでも、率先して相手ボールホルダーにプレッシャーをかけにいくなど、周りの選手にもアクションを促すような動きも見られた。

「やっぱり奪われた瞬間、前に走るのがすごく大事だと僕は思っていて、後ろに下がるのはすごくきついので、前の3枚とボランチの2人も、あと両サイドも、全員が共通意識ができていないとああいう守備はできない。そういうものも監督をはじめ、すごく細かく突き詰めてやってくれたのでよかったです」

 11月のコロンビア戦では序盤から受け身になってしまったことで、相手に主導権を渡してしまった。その反省も踏まえながら、いかにして試合開始の瞬間からアグレッシブに相手の自由を奪っていくかがジャマイカ戦の大きなテーマの1つになっていた。その意味で、安部がバルセロナか持ち込んだ守備の意識はチームに好影響を与えたようだ。

 安部の隣でプレーし、2得点を挙げたMF旗手怜央はミーティングなどで中心にいたのが「(中山)雄太くんだったり、(安部)裕葵だったり」と明かした上で「前線からしっかり(プレッシャーをかけに)行って、(ボールを)取れなかったら引こうとみんなで話し合っていたので、それはしっかりできたんじゃないかなと思います」と大勝の要因を振り返った。

 コパ・アメリカで東京五輪世代の多くの選手たちとともにA代表を経験し、バルセロナでは主体性を持った取り組みが評価される環境に身を置いて、安部は招集回数こそ少なくてもU-22日本代表でリーダーシップを発揮する1人になっているようだ。

「ミーティングで選手と森保さんも一緒にいろいろ突き詰めていたので、森保さんからアドバイスをもらったり、短い遠征でしたけど、みんなと意見交換してすごく勉強になったこともありました。

この短期間でもあれだけ統率を持って、一体感がすごくあったと思いますし、試合前だったり、試合後の雰囲気を見てわかるように、みんなすごく楽しそうですし、充実感があったと思う。それはやっぱり監督とコーチ、サポートしてくれた人があってのことだと思うので、こういう環境を提供してくれた人に本当に感謝したいです」

 安部はU-22日本代表合宿を「いろいろなことを吸収できるので、五輪のためにというか、これからのサッカー人生のために大事な活動」だとも話す。久しぶりに日本の仲間たちとのサッカーを楽しみ、そこで積み重ねた経験や成果をバルセロナに戻って成長へのエネルギーに換えていく。

(取材:元川悦子【長崎】、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top