東京五輪サッカー注目の5人(2)。もはや“新星”ではない!? 怪物級の男たちがずらり【編集部フォーカス】

2020年は東京五輪が開催される。出場資格のある1997年1月1日以降に生まれた選手たちは、既に世界の舞台で活躍している。今回、フットボールチャンネル編集部では東京五輪に出場する可能性がある若きスター選手をピックアップしていく。(文:編集部)

2020年01月02日(Thu)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

伸び悩む“元バルサ”の韓国の至宝

イ・スンウ
韓国代表のMFイ・スンウ【写真:Getty Images】

MF:イ・スンウ(韓国代表/シント=トロイデンVV)
生年月日:1998年1月6日(21歳)
今季リーグ戦成績:1試合出場/0得点0アシスト

 バルセロナの下部組織時代から注目を浴びた早熟プレーヤーだが、韓国代表の一員として出場した2018年ロシアワールドカップ以降は伸び悩みが顕著になっている。昨季はセリエBのエラス・ヴェローナでプレーしたものの、主力定着までには至らず。今季から在籍しているベルギー1部のシント=トロイデンVVでも、監督らの信頼を得られずデビューは12月末までずれこんだ。韓国代表からも半年以上遠ざかっている。

 見た目の通り強気のプレーが持ち味で、韓国国内での人気やスター性は抜群。しかし、超絶技巧を生かしてのドリブルと左サイドからのカットイン以外にこれといった武器がなく、独善的なスタイルが批判を浴びることも。東京五輪まで半年、ベルギーで心機一転、かつての輝きを取り戻せるか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top