ヘルタ・ベルリン

香川真司

香川、10戦ぶり先発で証明した「自分の良さ」。トゥヘルの実験的“0トップ”で輝き取り戻す

現地時間11日に行われたブンデスリーガ第24節のヘルタ・ベルリン戦で、ボルシア・ドルトムントの香川真司が久しぶりに先発のチャンスを与えられた。チーム全体のコンディションが万全でなく敗れはしたものの、香川はトーマス・トゥヘル監督の実験的ともいえる起用に応え、現地メディアからも高く評価されている。(取材・文:本田千尋【ベルリン】)

香川真司

香川、10戦ぶり先発復帰も。ローテーションでチャンス到来。ヘルタ戦の輝きが代表への道標に

現地時間11日、ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第24節でヘルタ・ベルリンと対戦する。CLの影響で大幅なメンバー変更が見込まれる中、香川真司は先発出場の可能性が高まってきた。日本代表戦前に巡ってきた千載一遇のチャンスを生かし、終盤戦の巻き返しに向けてアピールすることはできるだろうか。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

原口元気

原口元気、欧州トップ仕様への進化。他競技に学んだフィジカル論とメンタルの確かな成長【海外組の真価~日本人選手の現在地】

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、原口元気。所属するヘルタ・ベルリンでは主力としてプレーし、日本代表でも最終予選で4試合連続ゴールを奪うなど欠かせない存在となっている。しかし、ヘルタ移籍後すぐに活躍したわけではなかった。ドイツでフィジカル面、メンタル面を鍛え上げるなど地道な努力を積み上げたことが現在の活躍に繋がっている。(取材・文:元川悦子【ベルリン】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top