Home » 海外サッカー » リーガエスパニョーラ » リーガ・エスパニョーラ移籍金最高額は誰だ! 21/22夏の移籍金ランキング1位~5位。モドリッチの後継者、レアルに現る?

 スペインの2021/22シーズン夏の移籍市場が現地時間8月31日に幕を閉じた。今夏も様々なビッグディールが誕生したが、最も高額な移籍金が支払われた選手は誰だったのだろうか。今回は、リーガ・エスパニョーラ20クラブが21/22シーズン夏に獲得した選手の移籍金ランキングを紹介する。(移籍金、市場価格は『transfermarkt』を参照)


5位:東京五輪で離れ業を見せたFW

20210907_ラファミル_Getty
【写真:Getty Images】

FW:ラファ・ミル(スペインU-24代表)
生年月日:1997年6月18日(24歳)
市場価格:1200万ユーロ(約14億円)
移籍先:ウルヴァーハンプトン→セビージャ
移籍金:1600万ユーロ(約19億円)
20/21リーグ戦成績:38試合13得点1アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 U-24スペイン代表の一員として東京五輪(東京オリンピック)にも出場したラファ・ミルはセビージャへ移籍している。バルセロナのカンテラ(下部組織)に在籍した経験があり、18歳のときにバレンシアでトップチームデビューした。ここでは出場機会を得られなかったが、将来性を評価したウォルバーハンプトンが18年1月に完全移籍で獲得している。

 しかし、当時チャンピオンシップ(イングランド2部)で昇格争いをしていたチームで出番を得られず。18/19シーズンはラス・パルマス(スペイン2部)、19/20シーズンはノッティンガム・フォレスト(イングランド2部)、20年1月にはスペイン2部のウエスカに期限付き移籍。すると、半年で9得点を挙げて、岡崎慎司とともに1部昇格の立役者となった。昨季はチームが降格する苦しいシーズンだったが、13得点と孤軍奮闘して個人残留を果たした。

 191cmの体格を活かしたポストプレーや空中戦の強さが魅力だ。ボールタッチは柔らかく、頭だけでなく、右足から放たれるシュートの精度も高い。裏への飛び出しやクロスに対するポジショニングなど、得点感覚にも優れている。東京五輪の準々決勝では途中出場からハットトリックという離れ業をやってのけた。セビージャでは昨季公式戦9得点のルーク・デ・ヨングがバルセロナに移籍しており、ユセフ・エン=ネシリに次ぐ得点源として期待されている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top