フットボールチャンネル

悪夢の大転落…。どん底に沈む名門クラブ5選。内部衝突や奇跡からの転落、爆買い大失敗の醜態…

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー最新ニュース

 常にチームの強さを維持することは容易ではなく、ほんの数シーズン前までタイトル争いに絡んでいた名門クラブでも時には失速する。今回は、今季さまざまな要因があってどん底に沈む名門クラブを紹介する(リーグ順位、成績は2023年5月30日現在)。


バレンシア(スペイン)

悪夢の大転落…。どん底に沈む名門クラブ5選(1)バレンシア
【写真:Getty Images】

リーグ順位:15位
今季リーグ成績:11勝8分け18敗


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】

 1999/2000シーズンから2年連続でチャンピオンズリーグ(CL)決勝を戦ったバレンシアだが、今は2部降格の危機に瀕している。ラ・リーガ6度優勝の名門は、厳しい状態にある。

 バレンシアの転落は今に始まったことではなく、財政難の影響でしばらく低迷が続いている。2014年にシンガポールの実業家であるピーター・リム氏がクラブを買収してからは迷走が続き、理不尽ともとれる監督交代や一貫性のない選手補強が繰り返され、今季はいよいよ降格の危機というところまで達した。

 現在のチーム力は、ラ・リーガで残留を争うようなものではない。実際、DFホセ・ガヤやFWエディンソン・カバーニといった有力選手が在籍しており、『transfermarkt』のチーム全体の総市場価値はリーグで8番目。あくまで一つの指標でしかないとしても、残留争いをするような戦力でないことは明らかだ。

 近年はバレンシア買収の話が何度か持ち上がっているものの、いずれも立ち消えとなっている。それだけ再建が難しい状態なのかもしれない。一貫性のないプロジェクトで結果が出ず、ヨーロッパカップ戦出場権を逃した経済的な損失を補填するために主力を手放すことの繰り返し。負のサイクルをなんとか止めたいところだ。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top