ユベントスMFケディラが10年半ぶりドイツ復帰へ。ヘルタ移籍決定間近と報道

2021年01月31日(日)19時46分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サミ・ケディラ
【写真:Getty Images】

 ユベントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラは、ドイツのヘルタ・ベルリンへ移籍する可能性が高くなったようだ。独誌『キッカー』や伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

【今シーズンのユベントスはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ケディラはヘルタ加入に向けてすでに30日土曜日にベルリンに到着したとのこと。冬の移籍市場最終日となる31日の移籍決定に向け、現地時間午前にメディカルチェックを行うとみられている。

 2015年にレアル・マドリードからユベントスに移籍したケディラはユベントスで通算144試合に出場し、5度のセリエA優勝などに貢献。だが近年は負傷の影響もあって出場機会が減少し、今季は完全に構想外となっていた。

 今季前半戦のユベントスでは公式戦出場なし。6月末の契約満了を待たずに退団することが見込まれ、エバートンなどプレミアリーグのクラブからの関心も報じられていたが、母国ドイツへ復帰することになりそうだ。

 ケディラはシュトゥットガルトの下部組織からトップチームに昇格し、2010年にマドリーへ移籍するまで所属。ドイツに復帰すれば10年半ぶりとなる。

【了】

新着記事

↑top