U-23日本代表に揃った最悪の条件。大会史上初の初戦黒星、グループリーグ突破は厳しい?【AFC U-23選手権】

2020年01月10日(Fri)7時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

U23日本代表
U-23日本代表は9日、U-23サウジアラビア代表と対戦し、1-2で敗れている【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【U-23日本代表 1-2 U-23サウジアラビア代表 U-23アジア選手権B組第1節】

 サッカーU-23日本代表は9日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)のグループリーグ第1節でU-23サウジアラビア代表と対戦している。

 試合は前半からお互いに激しい攻防を繰り広げる展開に。U-23日本代表もサイド攻撃を中心に、何度か相手ゴールに迫る場面があった。しかし、森保ジャパンは後半開始早々の48分にMFアイマン・アルクライフに先制ゴールを献上。嫌な時間に1点ビハインドを背負った。

 56分にはFW食野亮太郎が個人で打開し1点を返したものの、森保ジャパンは試合終了間際にDF古賀太陽が痛恨のミスを犯してしまう。バックパスを自陣深い位置で拾われ、最後は慌てて止めるに入ったDF岡崎慎がPKを献上。これをMFアブドゥルラフマン・ガリーブに沈められ、1-2で初戦を落とすことになった。ちなみに、日本がこの大会の初戦を落とすのは今大会が初めてのことだ。

 東京五輪出場が確定しているとはいえ、上位進出を目指すU-23日本代表にとって初戦黒星は痛すぎる結果だ。グループリーグ残り2試合で2勝できれば決勝トーナメント行きは間違いないが、U-23シリア代表とU-23カタール代表はともに難敵。グループリーグ突破への雲行きは怪しい。

 では、過去にAFC U-23選手権の初戦で黒星を喫しながらも決勝トーナメント行きを確定させたチームは一体いくつあるのか。ここからは、過去3大会の成績を紹介していきたい。

 第1回大会(AFC U-22選手権)は2014年に行われている。この大会で初戦黒星を喫しながら、グループリーグを突破したのはわずか1チームしかない。U-22サウジアラビア代表だ。同国は初戦のU-22イラク代表戦を1-3で落としたが、その後2連勝を飾り、最終的には決勝まで勝ち進んでいる。

 2回目の開催となった2016年大会では、U-23北朝鮮代表のみが、初戦を落としながらもグループリーグ突破を決めている。ただ、この時の場合は少し特殊で、U-23日本代表のみが3連勝を飾っており、他の3チームが勝ち点わずか2で並ぶ結果になっていた。結果的に得点数が最も多かったU-23北朝鮮代表が突破を決めたが、運にも恵まれたという点はあった。

 記憶に新しい2018年大会は3チームが初戦黒星ながら決勝トーナメント行きを決めている。U-23ウズベキスタン代表は初戦のU-23カタール代表戦を落としながら、その後2連勝でグループ突破。その後はなんと優勝を果たしている。

 U-23パレスチナ代表とU-23ベトナム代表も初戦を落としながらグループリーグ突破を決めている。後者はその後、決勝まで勝ち進んでいる。

 そして、この大会で奇跡を起こしたのがU-23マレーシア代表。同国はグループリーグ初戦のU-23イラク代表戦で1-4と大敗。第2節のU-23ヨルダン代表戦も1-1で終えるなど2戦未勝利となっていたが、最終節のU-23サウジアラビア代表戦で1-0と勝利し、大逆転で突破を決めている。

 このように、過去3大会で6チームが初戦を落としながらグループリーグ突破を決めている。確率としてはそこまで低くはなく、森保ジャパンにも当然、希望は残されている。

 しかし、U-23日本代表にとって嫌なデータがある。それは、同じグループのもう一方の試合が引き分けであった場合、初戦を落としたチームの突破率がガクンと下がることだ。過去、そのような状況で突破を果たしたのはわずか2チーム。U-23北朝鮮代表とU-23マレーシア代表のみだ。

 今回、U-23日本代表はU-23サウジアラビア代表に負けた。もう一方のU-23シリア代表とU-23カタール代表の結果は2-2のドロー。最悪の条件が揃ってしまった。

 次節、U-23日本代表は負ければグループリーグ敗退が決まる。東京五輪前最後の公式戦ということで、できるだけ多くの試合をこなしたいところだが、果たしてここから這い上がることはできるだろうか。

(文:編集部)

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top