U-23日本代表、2連敗で敗退決定。森保一監督「悔しさを成長の糧にしてもらいたい」【AFC U-23選手権】

2020年01月13日(Mon)0時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

森保一
森保一監督【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表 U-23アジア選手権グループB第2節】

 サッカーU-23日本代表は12日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)グループリーグ第2節でU-23シリア代表と対戦し、1-2で敗れた。森保一監督が試合を振り返っている。

 グループリーグ2連敗で決勝トーナメント進出の可能性がなくなったU-23日本代表。森保監督は「選手たち、スタッフも良い準備をしてくれた。先制されたが、勝利できたかもしれない内容で2試合とも落とした。勝負強さ、最後のところを詰めていかなければ」と悔しがった。

 さらに指揮官は「攻撃の回数はそれほど受けていないと思う」と、シリア戦の内容に言及。「相手のカウンターをしっかり止める、最後の時間帯、苦しくなったときにしっかりと、ということは試合前から言っていた。勝負勘というものを若い選手たちに培ってもらいたい」と話している。

 U-23日本代表は、3試合で今大会を終えることになった。それでも森保監督は「3試合になったとしても、全力を尽くして戦う。応援してくださる方々に最後まで戦う姿勢をチームとして見せる」とコメント。「選手たちも、この悔しさを成長の糧にしてもらいたい」と述べた。

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top